人気ブログランキング |

ミヤマシジミ・美蝶・矮小個体

朝から雨、その後も雨、時々曇り、昼間でも暗くてドン曇の1日でした。

こんな日はミヤマシジミの観察しか思い当たらない、で、ドン曇の下、出かけました。

メスの羽化直個体を発見、本日一番の美蝶です。標本候補なら完品と言ったところでしょうか。
e0405343_17204414.jpg

しかし、気温も低く、ドン曇ですから全く開翅しません。仕方なく手乗りで体温伝播で即、全開翅してもらいました。(^.^)
e0405343_17203994.jpg
e0405343_17203336.jpg
e0405343_17202889.jpg
e0405343_17202374.jpg
e0405343_17201824.jpg

その後、薄曇になると、自然に開翅してくれました。
e0405343_17201287.jpg
e0405343_17200741.jpg
e0405343_17200238.jpg



とても小さなメスの矮小個体が飛んでいました。でも、マクロで撮っても大きさが全く表現出来ません。
e0405343_17195784.jpg

大きさはホシチャバネセセリと同じくらいだから、飛ばれると見失います。  翅表は標準タイプでした。
e0405343_17195289.jpg


やはり、大きさを表現するには誰もが認識出来るコインとの比較が効果的だと思い、早速、俄かセットです。(^.^)
e0405343_17194758.jpg

指でコインを持ってもいいのですが、やはり、気配を感じて飛ばれてしまうので、割り箸に取り付けると比較的簡単です。
e0405343_17194274.jpg
e0405343_17193549.jpg

開翅するとそれでも大きくは見えますよね。 何だかヒメシジミみたいであまり美しくない。
e0405343_17192864.jpg


多少小さ目の別のメスでも比較して見ました。
e0405343_17192066.jpg

やはり、全開翅状態で撮って見ました。
e0405343_17191433.jpg

ついでに、ボロボロでしたがオスでも撮って見ました。
e0405343_17190864.jpg
最終化で秋の終わりに発生する個体には食草のコマツナギの状態で、時折見かけますが、今の時期にしては矮小個体は珍しいと思います。

ふと思ったのですが、こんな小さなメスで青メスだったら? とても貴重なシーンだと思うけど、何故かそんな個体は見たこと無くて、むしろ、あまりパットしない個体ばかりなんですよね。 しかし、何時か奇跡的な矮小青メス個体を見てみたい。(^.^)

Commented by ibatyou at 2019-08-19 18:32
こんな小さな♀がよく成虫までたどり着けましたね.
また,よく見つけましたね.自然界は不思議です.
Commented by 浅間の煙 at 2019-08-20 05:45 x
晩秋には時々こんな小さな個体を見ることはあります。
小さいからと言って、ただカメラを向けても、見た目には矮小個体とは分からないのですよね。
by yamasakiiii | 2019-08-19 17:35 | ミヤマシジミ | Comments(2)

ヤマキチョウ便り


by 浅間の煙